台湾のポーカーを世界へ

台湾ポーカー協会は現在台湾において最大のテキサスホールデム協会であります。協会は7つの支部からなって、定期的にポーカー大会を開催するほか、世界範囲でも有名なポーカーブランドと提携してポーカー大会を開催しており、テキサスホールデム競技のさらなる普及に尽力しております。

  • 2017

    始まり

    設立当初は、2テーブルしかなく、会員数100名未満の小さい協会でした。ポーカーへの熱情を持って始まりました。

  • 2018

    発展の道

    • 5月、台湾教育部体育署が本協会の指導者に就任
    • 8月、国際マッチポーカー連盟(IFMP)に加盟し、台湾で唯一の会員窓口に務める
    • 10月31日〜11月4日、日本 AJPC と提携してポーカー大会を開催
    • 11月、中壢支部で伝統ポーカー大会の「龍魚金杯」大会を開催
    • 12月12日〜12月16日、オンラインポーカーの J88POKER と提携してポーカー大会を開催
  • 2019

    更なる未来へ

    2019年に入って、Asian Poker Tour (APT) と3年間の提携契約を締結し、World Poker Tour (WPT) と3年間の提携契約を締結しております。

    11月、IFMP と協力してアジアン・ネーションズ・カップ大会を開催します。当大会では桃園市体育局が指導部門を務めております。

    今は台湾の台北市に、25テーブル250人も収容可能な拠点を設けて、センサー付きテーブルやほかの関連設備も備えて、ハードウェア面も一段とレベルアップしました。

合法的なポーカー競技

合法化への取り組み

  • 1.キャッシュゲームはやりません
  • 2.全てのトーナメントは法律や規定を遵守の上で開催しております

協会成立認定の法的書類

代表者認定の法的書類

Partner